1時間に2回の性交で男性の生殖能力が3倍に!

妊娠を望んでいるカップルにとっては朗報です。

 

セックスの体位を変えてみたり、男性の生殖能力を上げるとされる食べ物を食べたりする必要はもうありません。今は1時間の間に2回セックスをするという嬉しい方法が男性の生殖能力をあげることが分かったのです。

 

ロンドンのノース・ミドルセックス病院の新しい研究において、2回の射精で男性の生殖能力が3倍にもなることが報告されました。これは「妊娠力を高めるためにはセックスを控えるべき」という通説を覆しています。

 

男性の生殖能力

研究

 

この研究では、精子を直接子宮に注入する人工授精(IUI)の不妊治療をうけている73組のカップルを対象に行われました。

 

低受胎性の精子を持つと診断された男性から1時間の間に2回精子を採取し、2回目に採取されたサンプルを人工授精(IUI)の治療に用いました。

 

その結果、妊娠の確率が20%という驚く数字が出たのです。これは通常6%とされる人工授精(IUI)治療の成功率の約3倍です。

 

15人の女性は直ぐに妊娠が確認され、10人は翌月の妊娠可能期間にこの方法を取り入れた結果妊娠しました。全体的に34%の成功という結果に終わりました。

 

この研究は、人工授精(IUI)と体外受精(IVF)とでの成功率の比較の調査として行われました。専門家はこの発見により、妊娠を望んでいるカップルが不妊治療を受けなくても妊娠できる助けになるのではと考えています。

この方法はなぜ効果的なのでしょうか

 

男性の生殖能力

 

1時間の間に2度セックスをすることは男性の生殖能力を低めるどころか、2回目の精子の方が新しく作られたため受胎性が高くなるのです。

 

バーミンガム大学の生殖専門家ジャクソン・カークマンブラウン博士はイギリスのタブロイド紙 Daily Mail(デイリー・メール)にこう話しています。「妊娠が目的なら精子をためておくべきだと今なお思われていますが、実際はその逆で、セックスをしないことは精子の質を落とすため男性にとって悪いことなのです。精子は作られてすぐの方が良い状態なのです」

 

この研究を指揮したノース・ミドルセックス大学の不妊専門家グラム・バハドゥール博士は次のように述べています。「この研究は比較的小さいものでしたが、妊娠の確率を跳ね上がらせることができるかもしれない大きな1歩になったと思っています」

 

父親になろうとしているあなた、ベッドで実践する準備はできていますか?