科学で明らかになった初産に最適な年齢とは

専門家が推奨する初産に最適とされる年齢にはきっと驚くことでしょう!

 

小作りを計画する上で、産むタイミングを考えると迷いが出てくるものです。

 

初産に最適な年齢

 

子どもを産むなら身体が生物学的に育児に向いているとされる20代のうちがいいと言う人もいます。一方で、20代という若さで産むことは、キャリアや学業を一時的にでも保留にすることを意味する場合もあります。また、育児という挑戦に対し精神的余裕がまだないかもしれません。

 

40代になったとしても、もう少し待ってから出産することを勧める人もいます。人生の経験があり、子育てに必要な経済的安定や精神的余裕があるからです。しかし同時に、高齢出産に伴う健康面の問題もデメリットの一つとして挙げられます。

 

では、初めての出産に最適な年齢とは?

 

初産に最適な年齢

 

テキサス大学の社会学者ジョン・ミロースキー博士の率いた研究結果によると、女性が出産するのに最適とされる年齢は34歳とのことです。

 

ミロースキー博士によると、この年齢の女性の身体は「健康な子どもを満期出産するために最適な健康状態である」と言います。

 

また、博士は1,800人以上の母親にインタビューを行い、現在の健康状態について質問しました。そして、死亡率のデータを考慮し学歴を調整した後、長期的な健康と妊産婦死亡率の側面から、初産に最適な年齢は34歳と結論付けました。

 

通常この年齢の女性はパートナーと安定した関係を築いていて、責任を持って小さな命を育てることに取り組めるエネルギーと精神的安定感があると他の専門家も同じ意見を示しています。また、通常は30代半ばまでには金銭的に安定している(または安定に向かっている)状態でもあります。

 

以上、「科学的に初産に最適な年齢」でした。いかがでしたか?是非、下記にコメントをお寄せください。