調査:コーラの摂取は、あなたの娘の初経を早めるかもしれません

シュガーベースの炭酸飲料、コーラ、フルーツドリンクは、早期初経に関連し、多くの親に警鐘を鳴らしています。

 

甘味飲料はBMIの上昇をもたらすことは周知の事実です。しかし、ある画期的な調査では、さらに砂糖入り飲料(SSB)と早期月経との関連性が見つかりました。1日に1.5人分以上のSSBを摂取する女子は、2.7ヶ月早く初経が始まる可能性が高くなることがわかりました。

 

調査

 

The Growing up Todayの調査では、アメリカの50州の1675人の子供が含まれています。この研究の一部は、SSBと早期月経との関係を観察するためでした。この研究では、9歳から14歳までの5583人の初経前の女子を対象に、非炭酸フルーツドリンク、砂糖入り飲料、ダイエット炭酸飲料、ジュース、アイスティーの摂取パターンが観察されました。

 

週に約10.5人分(1日当たり1.5人分)を摂取した女子のほとんどは、週に2人分未満を摂取した女子よりも2.7ヶ月早く初経が始まることが判明、1日あたり1.5人分以上を摂取する女子の初経はさらに早くなりました。

 

どうやらこれは砂糖で甘みをつけた炭酸飲料と非炭酸フルーツドリンクが、原因になっているようです。ダイエット炭酸飲料やアイスティーは、初経の年齢に大きな影響を与えませんでした。これは、飲み物にカフェインと砂糖が一緒に含まれていることが原因であるかもしれません。理由の1つは循環しているインスリン量の増加 - これらの飲み物の砂糖を代謝するホルモンによるのかもしれません。

 

増加されたインスリンは性ホルモンの濃度を高め、これらの大きな変化が早期月経に関係しているのかもしれません。ただし、これはダイエット炭酸飲料やアイスティーの定期的な摂取を促すものではありません!

 

早期月経

 

なぜこれが重要なのでしょうか?

 

初経が3ヶ月早くなったとしてもあまり大きな変化は感じないように思います。しかし、この調査は一つの国で行われたものでしかありません。食生活の違いによって、地域によってはその影響がより大きくなる可能性があるのです。ありがたいことに、アジアでは、SSBの摂取量は米国で見られた摂取量よりも少し少なくなっています。とはいえ、アジアでも食事とともにSSBを摂取する傾向が高まってきています。

 

早期月経には独自の問題があります。乳がんや、子宮内膜がん、月経困難や成人の肥満と関連しているのです。初経初期に伴う心理的な問題については完全には研究されていませんが、まだ幼い少女が想像よりもずっと早く、思春期の兆候を示し始めることを考えてみてください。言ってしまえば、初経が早く来るのではなく、来るはずのときに来なければいけないのです。

 

親としてできること

 

最も明白な解決策は、家族全員で砂糖入り飲料の摂取を減らすことです。しかし、それは「続けられる」方法で行われる必要があります。

 

それではここであなたの子供たちの炭酸飲料の摂取量を減らすための3つのステップをご紹介します。

 

1. 炭酸飲料の糖度を説明する

 

1つの簡単な実験を行います。空のグラスを用意してください。その半分をあなたが選んだコーラで満たしてください。炭酸水で残りの部分を満たしてください。それを味わってみます。驚いたことに、あまり味の変化がありません。その理由は、希釈してもなお大量に含まれている砂糖で、十分に甘いと感じるからです。

 

1缶の中には35グラムの砂糖が入っています。それはカフェで見る砂糖の袋の7袋ほどに相当します。これを子供に説明すると、コーラが突然魅力的に見えなくなります。

 

早期月経

 

2. スポーツ飲料の代わりにレモネードの摂取を促す

 

市販されている炭酸飲料や非炭酸スポーツ飲料は数多くあります。悲しいことに、これらがさらに炭酸飲料の摂取に追加されるのです。スポーツ飲料に頼るのではなく、自家製のレモネードをあなたの娘のサッカーの試合に持たせてください。

 

3. 解禁日を設ける

 

特に思春期の子供に制限を与えることは、裏目に出ることがあります。ジャンクフードを制限されて育ち、大人になってからジャンクフードばかりを食するようになった人々を知っています。これを未然に防ぐために解禁日を設けるのです。時には子供に炭酸飲料やジャンクフードを食べさせてあげましょう。

 

ただし、これをお祝い事のようにはしないでください。ご褒美のようにして炭酸飲料が良いものだと間違った認識をさせないためです。代わりに、外での楽しい食事に連れ出してあげましょう!

 

日常の小さな改善であなたの娘が本来のペースで成長できるようお手伝いをしましょう!