産後鬱の思いもよらない8つの症状

これらの思いもよらない産後鬱の症状とは、あなたが産後鬱にかかっているということを意味します。

 

産後鬱(PPD)は多くの人が認識している以上に、蔓延しています。多くの人がその犠牲になり、20代の若いママであろうと、3人のママであろうと関係ありません。これらのいやな感情がすぐになくなると思いこみ、「ベビーブルー」と片付けがちです。しかし、産後鬱は特に新米ママに起こりやすい深刻な病気なのです。時にして、新米パパもかかることがあります。産後鬱について良く知っておくと、自分の為や周りで苦しんでいる人の為に、すぐに手助けを呼べるでしょう。

 

最も良くある産後鬱の症状は、ひきこもり・やる気がでない・性衝動の低下・疲労感そして圧倒的な絶望感です。しかし、他にも気づきにくいまれな症状もあります。これらの症状をおもちの方は、産後鬱にかかっている可能性が高いです。

 

産後うつ症状

1. 不眠症

 

新米ママは休みをとるために赤ちゃんが寝ている間はできるだけ、自分も寝るようアドバイスされるでしょう。産後鬱の思いもよらない症状の一つは不眠症です。どれだけ疲れていても、なかなか寝付けれないのであれば、産後鬱にかかっているかもしれません。睡眠を最優先にしてできるだけ多く体を休めてください。

 

2. 様々な身体的症状

吐き気・嘔吐・腰痛などの一般的な症状は産後なくなると思っているでしょう。しかし、驚くことに、これらの症状は産後また戻ってくることがあるのです。産後鬱からくる体への負担を少しでも和らげるために、家族や友人からの助けを受け入れてください。このような身体的な症状に加えて、産後鬱は頭痛・胃の不快感・パニックアタックなどの症状も現れます。これらの避けようがない症状にこれからご紹介する民間療法で備えましょう。

 

3. 侵入的想起

思いもよらない産後鬱の症状の一つが不安感です。これらの侵入的で恐ろしい思考が新米ママの頭に現れ、怯えたり不安になったり、虚弱な状態に落ち込むのです。これらの思考はしばしば、赤ちゃんを中心に展開し、子供の事故・ケガさらには死に至るまでにのぼるのです。これが当てはまるのであれば、一番大事なことは、それを信じて行動しないkとです。これらの思考についてパートナーや知っている人に話すことを恥ずかしいと思ってはいけません。これらは思っている以上によくあることです。そして今すぐ助けを求めてください。

 

産後うつ症状

 

4. 空腹感

 

新米ママは憂鬱な気分ではないかもしれません、しかしそれはお皿の上に表れているかもしれません。おなかがいっぱいにも関わらず、常に食べ続けている場合、それは産後鬱のサインかもしれません。母乳育児をしているママは余分なカロリーが必要です、しかし食べ過ぎであると感じている場合は、医師に相談してみてください。

 

5. 集中できない

 

産後鬱にかかっているママは集中力がなくなっているかもしれません。物覚えが悪くなることから始まり、マルチタスクができなくなる、簡単な仕事も終えれなくなり、ぼーっとしたまま一日を過ごすことがあるようです。睡眠不足から来る疲労感は普通のことです。しかし、頭がぼーっとして集中できないようであれば、助けを呼んでください。

 

産後うつ症状

 

6. 呆然自失

 

自分の人生から切り離れ、自分の見た目・家族・赤ちゃんへの興味を失っているように感じる場合は、産後鬱にかかっているかもしれません。

 

産後鬱の症状は様々で、明らかなものもあれば、そうでないものもあります。産後鬱の明らかな症状が表れるママもいれば、その痛みや苦しみを笑って過ごせるママもいます。しかしそうする必要はありません。

 

上記の症状の中から2つ3つ表れているかもしれませんが、それでも大丈夫なんだってことを留意して下さい。新米ママは慣れるまでに時間がかかり、とても疲れることです。必要であれば助けを求めてください。なにかがおかしいと思ったら無理しないでください。何かがおかしかったら、ご主人・友人・家族・医師に話してみてください。あなたもお子さんもその方が幸せになれますよ。

 

7. 怒り

 

産後鬱を患っている新米ママは怒っていたり、イライラしていることがよくあります。些細なことでも、誰かに怒鳴ったり、物を投げたり、イライラを表すために足を踏み鳴らしてみたりしたくなるようです。この常にある怒りの感情の原因はよくわかっていませんが、赤ちゃんが泣いた時や自分の産後の裸の体を見た時に、この怒りの感情にスイッチが入るようです。

 

怒りの感情やイライラしていると感じた時は、その感情を赤ちゃんに向けないよう努力してみてください。可能であれば、気持ちが落ち着くまで、赤ちゃんを他の人に見てもらった方がいいでしょう。この症状が続き、赤ちゃんが危険にさらされる可能性があるのであれば、専門家に診てもらいましょう。

 

8. 親子のきずなの問題

 

ほとんどの新米ママは赤ちゃんに出会った瞬間に恋におちます。しかし、距離を感じたり、興味が沸かなかったり、時には赤ちゃんに対して怒りの感情が表れる場合は、思いもよらない産後鬱の症状の一つの表れかもしれません。毎晩夜遅くまで起きて、汚れたオムツを変えて赤ちゃんの鳴き声を聞いていると、あなたのように、母親になった喜びを感じることができない新米ママもいます。

 

赤ちゃんの存在のありがたみを感じる為に、時にはナニーを雇ったり、赤ちゃんのお世話を誰かに頼んでみるといいかもしれません。これは一時的な解決策かも知れません。しかし、ストレスフリーで赤ちゃんと過ごす時間を持つことが、お互いのきずなを深めるには十分かもしれません。

 

産後鬱を患っていると感じた場合は、必ず医師の診断を受けることが重要であると留意して下さい。必ず医師が助けてくれ、様々なサポートグループを紹介してくれるでしょう。一人ではありません!

- カレン・ミラ

金融会社の奴隷ではなくなり、在宅ママとして家庭内の家事と両立してアートを勉強しながら、記事を書く仕事もしています。