母乳の出を良くする7つの食べ物

母乳の出が悪く困っていますか?これらの食べ物を試してみてください。

 

多くのママが母乳の量の問題を抱えています。小児科医マリアーン・ネイファートによると、「様々なおっぱいの形や病気によって必死の努力にも関わらず、5%もの女性が母乳不足に悩まされています。」とのことです。

 

 

ベビーセンターによると、悲しい事にどのような食べ物が実際母乳の量を増やすかという調査はあまりされていません。しかし、母乳育児をしていた前世代の方々から、実際母乳の出を良くした食べ物について学ぶことができます。

 

母乳の出を良くするこれらの食べ物を試してみてください。

 

1. オート麦

 

オートミールはコレステロールや血圧値を抑えるのに適していますが、母乳の出も助けるのです。ジャスト・マミーズによると、オートミールは食べるとほっとする食べ物なので、ママがリラックスし、母乳を作るために必要なホルモン・オキシトシンを出すことができます。

 

2. にんにく

 

にんにくは母乳の味やにおいに影響します。ある調査によると(リンクはこちら)、ママがにんにくを食べた後は、赤ちゃんがより長い時間おっぱいを飲んでいるそうです。母乳の出を助ける化学化合物が含まれているのかもしれません。

 

3. 緑色の葉野菜

 

母乳育児は体にとって過酷なことです。もう一人の人間にごはんを上げるのですから、十分な栄養が必要になってきます。ほうれん草・マスタードグリーン・ケール・フェノグリークの葉などの緑の葉野菜はビタミンとミネラルが豊富です。更に、ジャスト・マミーズによると、緑色の葉野菜は母乳の出を促進するエストロゲンと似ている成分フィトエストロゲンが含まれています。

 

4. フェノグリークの種

 

母乳の出を良くする

 

母乳の出を良くするためによく使われるハーブ、フェノグリークの種は何世紀もの間母乳の出を良くするために使われてきました。緑色の葉野菜のように、フェノグリークもフィエストロゲンを含んでいます。ブレスフィーディング・オンラインによると、フェノグリークによって24-72時間ほどで母乳の出が良くなるそうです。

 

5. モリンガ

 

フィリピン大学小児科部の研究によると、未熟児で生まれた赤ちゃんを持つママがモリンガのカプセルを飲んだところ、母乳の出が152%から176%増加したそうです。母乳不足に悩むママ達にとっては朗報です。

 

6. 水分

 

水分を常に補給するという簡単なことを見落としがちです。十分な水分をとっているかどうかは母乳の出に大きな影響を与えます。ですから、母乳をあげる前後に必ずお水一杯飲むようにしてください。

 

7. ナッツ

母乳の出を良くする

ペアレンティングドットコムによると、ナッツ類(アーモンド・マカデミアナッツ等)に含まれる一価不飽和脂肪は、母乳を濃くする役割があるようです。ナッツはビタミン・ミネラル・カロリーが豊富なので栄養素が十分にあります。

 

-- ティナ・モラレス

(クリスティーナは日中はライフスタイルの作家で、夜は小説家です。働いていないときは、次のビーチ旅行を計画しています。今年4歳になるヨークシャテリアを飼っています。)