子どもが5歳になるまでに親が教えなくてはいけない重要な5つの教訓

人格形成期は、将来どのような人になるかの影響を直接与えるため人生において極めて重要な役割を担っています。

 

人格形成期に覚えて経験する全てのことは、将来どのような人になるかに直接影響するため、この時期は人生において極めて重要な役割を担っています。

 

モーニングレッジャーのカリーン・リーズ・ダトイママは、子どもが5歳になるまでに親が教えなくてはいけない5つのことについて話してくれました。

 

正直さ

 

子どもが5歳

 

正直について教える一番の方法は、親自身が模範となることです。言葉であれ行動であれ、嘘をついたり、答えが分かっているのに質問することは避けなくてはいけません。

 

また、子どもを嘘つき呼ばわりするのは絶対にやめましょう。代わりに、何かを隠しているようだから正直に話してと伝えましょう。

 

責任

 

子どもが5歳

 

小さい頃に責任にについて教えることは、大人になってもそのありがたさを感じられる価値を植え付けることです。そして、それだけにとどまりません。責任におじけづくことなく、自分を向上できる挑戦ととらえることでしょう。

 

もしあなたの子どもが他人を過って傷つけたり怒らせてしまったら、責任という概念が理解できるよう傷つけてしまった人に謝罪するように伝えましょう。

 

人格形成期は、将来どのような人になるかの影響を直接与えるため人生において極めて重要な役割を担っています。

 

礼儀と敬意

 

子どもが5歳

 

一人の大人として、無礼で下品であること以上に恥ずかしいことはあるでしょうか。これは幼少期に起因していることが多いのです。「ありがとう」「お願いします・~してください」「ごめんなさい」といった言葉を適切な場面で使うことで、礼儀と敬意について教えることができるのです。

 

人格形成期は、将来どのような人になるかの影響を直接与えるため人生において極めて重要な役割を担っています。

 

感謝の気持ち

 

子どもが5歳

 

感謝することを知っている子どもは、他の子どもが当たり前と思いがちの世の中のあらゆることからも「ありがたさ」を見出せます。大人になってから世の中の美しいことに目を向けやすくなる特性です。また、家事を教えることで努力の意味を気付かせることができ、あなたの奮闘ぶりにより感謝するようになるでしょう。

 

 

子どもが5歳

 

「『愛しているよ』と言うだけでなく、家族を抱きしめたり、パートナーにキスすることでも愛の表現方法を示すことができます。また、子どもをどれほど愛しているか話すのもいいでしょう」とカリーンは言います。

 

「お弁当箱にメモを添えるなどの簡単な思いやりを表現する方法でも子どもは喜びます。そして、もっと『愛してるよ』と伝えましょう。子どもはハグとキスをしながらあなた以上に言ってくれること間違いありません」