妊娠各期に安全に運動をする方法

医師も認める妊娠段階に合わせた運動習慣でアクティブで健康的な妊娠生活がすごせます!

 

医師の特別な指示がない限り、運動は妊娠生活の大事な部分です。出産に向けて心と身体の両方を準備することは、あなたが経験する中で最も体力を要することです。

 

健康な妊娠には、運動や正しい食生活が重要です。最近の研究では、活動的でいることは出産前の妊娠糖尿病や高血圧などのリスクを軽減することが分かっています。また、妊娠中を通して起こる骨盤の痛みを和らげます。

 

あなたは出産を迎える時が来るまで、積極的に活動したいと思っていますか?

 

専門家承認の、妊娠中の3ヶ月ごとに合わせた運動方法を紹介します。

 

妊娠各期に安全に運動

 

妊娠初期

 

ニューヨーク在住、出産前後の運動のインストラクターを務めるリン・ダフィー氏は、医師の許可があれば女性は、循環器系や体幹の構築に重点を置いて、妊娠前の運動習慣を続けることができるとMedical dailyに述べています。

 

妊娠のこの段階では、ヨガや、水泳、軽量持ち上げが最も適した運動方法です。

 

妊娠中期

 

妊娠のこの段階では、妊婦はつわりが少なくなり、より活力が出てくる傾向があります。

 

医師の許可の上、安全なだけたくさんの有酸素運動をしましょう。この期間は、成長していくお腹の赤ちゃんに合わせて筋肉や体力をつけましょう。

 

ヘルスラインによると、散歩や、水泳、負荷の少ない(ホットではない)ヨガは妊娠中期に最適な運動方法だとされています。

 

さらに、ヨガは妊婦に出産準備中に役立つ骨盤底筋への意識を高めます。

 

「最も重要なのは、妊婦が骨盤底筋をよく理解することです。」と、ヨガインストラクターのラヴ・トルラバ氏は、前回のインタビューで語りました。「妊娠の早いうちから筋肉を調整するために、骨盤底筋への圧力に慣れてほしいのです。これが分娩中の損傷のリスクを減らすためです。」

 

妊娠各期に安全に運動

 

妊娠後期

 

出産直前まで運動を行うことは大変ですが、可能です。柔軟性を向上させることに焦点を当てる、妊婦には、ヨガや、ピラティス、重量やプランク運動、腕立て伏せのような筋力トレーニングを試してみることをお勧めします。しかし腹筋など仰向けに横たわるような運動は避けるよう、Healthlineは注意をしています。

 

さらに、妊娠後期は、赤ちゃんが脂肪組織が発達しているときです。そのためこの時期の運動は他の時期に比べ利点が高いとFit Pregnancyは語ります。

 

妊娠中は、あなたや赤ちゃんが過度の熱にさらされたり、転落や怪我をするような状況にならないような運動方法を選択してください。

 

*theAsianparent Philipinesの許可を得て再掲載