独身男性より-他の男性たちがあなたの奥さんを見て思うこと

しかし、他の男性たちがあなたの奥さんを見ると全く違う何かが見えているのです。

 

私は独身で金曜日の夜に結婚している友人とビールを飲んで気づくことがあります。既婚者の中には、奥さんのことを家にいる女神、または災難と見ている人もいるでしょう。しかし、他の男性たちは自分の奥さんをどのように見ているのでしょうか。

 

あなたの奥さんは、晩御飯を作り、汚れた洗濯物を片付け、子供たちが家の中を走りまわることに耐えているだけの人ではありません。家事をしていることがほとんどかもしれませんが、それが彼女の全てではないのです。

 

私は既婚男性たちが、奥さんの小言や急いで作った素晴らしい料理の自慢を聞かされると文句を言っているのをよく聞きます。他にも、奥さんが子供立ちに読み聞かせをする様子やスーパーから出てくるといつも必要のない日用品をたくさん抱えていることなども聞くことがあります。おそらく、これだけがあなたが見ている彼女で、あなたが見えている全てなのでしょう。

 

しかし、他の男性たちがあなたの奥さんを見ると全く違う何かが見えているのです。

 

彼らが見ているのは、準備万端に会議室に入り、自分の意見を出して仕事をこなす、自立した同僚なのです。そして、彼らはそんな彼女を見て、夜通しで赤ちゃんの世話をした後にどうしてそんなに元気に働けるのだろうと思うのです。

 

他の男性たちがあなたの奥さんを見ると、彼女はスーツ、タイトスカートにヒールをはいて、どうしてそんなにきれいでいられるのだろうと思うのです。子供がいると絶対にエレガントでセクシーでいられなくなるはずなのに。

 

きっとまだあなたも奥さんのことを魅力的だと思っているでしょう。きっと奥さんが地球上で一番きれいな女性であると思っているでしょう。

 

他の男性が奥さんを見る

 

あなたが初めて奥さんに恋をした時の些細なこと全てを覚えていてくれたらいいと思います。

 

他の男性があなたの奥さんを見て、彼女が目を輝かせて昨日の夜に観た大好きなテレビ番組の話を楽しそうに話す様子を見るのです。彼らは彼女の冗談や洒落を素敵だなと思うし、大人の女性になってもまだ少し残る女の子の可愛らしさを見つけることができます。

 

しかしながら、あなたは彼女と恋が始まった時の全てを覚えているでしょうか。あなたが強く引き付けられた時の彼女の魅力を覚えているでしょうか。彼女の全てをどれほどわかっているでしょうか。
私は以前に女友達に彼女のつけている香水と足音で遠くからでも近づいて来るのがわかったよと言ったことがあります。彼女の新しい洋服を褒め、髪を切ったことにも気づきました。

 

彼女はとても嬉しそうに、私の夫も気づいてくれればいいのにと笑いました。

 

他の男性が奥さんを見る

 

私は結婚していないので意見を述べる立場ではないのかもしれませんが、どうして誰も自分の奥さんのそういう事に気づかなくなるのだろうと思います。もしかしたら、私は結婚恐怖症なのか、まだ身を固めようを思える人に出会っていないのかもしれませんが、もし妻がいたとしたら、彼女のどんな小さなことにも気づいてあげられるでしょう。

 

私は妻がネットフリックスを見る時には、ソファの上で足を抱えて膝に顔をのせる様子にも気づくし、彼女が大好きな恋愛小説を読んで小さな涙を目にためていることにだって気づくでしょう。
彼女がもう明日はないっていうくらい笑う様子や私の胸に顔を埋めて泣く姿も、彼女がお腹が痛くて温かい紅茶が必要な時も、彼女が何よりも元気になれるチョコレートアイスクリームをあげるタイミングも全て気づいてあげられるはずです。

 

私は彼女がお腹が痛いことにもすぐに気づいて、早くよくなるように何でもするでしょう。

 

彼女が鏡の前に立って嬉しそうに自分を見ている時には、彼女がどんなにきれいで私を夢中にさせるかを思い出してもらいます。もし彼女が鏡の自分を見て、太って不安に感じることがあれば、私は彼女を後ろから抱きしめて彼女は私の女神だと安心させるでしょう。
私はそれが自分がすべきことだと思うので、妻のどんなことにも気づいてあげられるのです。彼女は

 

日々、美しく感謝されていると感じられるべきです。

 

そして私は結婚している幸運な男性全てに、素敵な奥さんがいるということがとても幸せで恵まれているのだと気づいてもらいたいのです。家事をまかせている人と見るのは当たり前ですが、家族としてではなく、彼女個人として見ることを忘れないでほしいのです。

 

他の男性たちがあなたの奥さんを見て、彼女の全てを知って一緒にいられるあなたを幸せだと思うでしょう。そして何よりも素晴らしい事は、彼女が他の人からどんな褒め言葉を言われるより、あなたから言われることが何よりも一番嬉しいということです。