ビル・ゲイツが勧める、子供にスマートフォンを与えていい最適な年齢

それでは、専門家の意見を聞いてみましょう!

 

テクノロジーの話をするのに、世界一の億万長者であり、現代のコンピューター業界の創始者とも言えるビル・ゲイツ氏以上の人はいないでしょう。

 

彼が子供がスマートフォンを所有して「最も安全」な年齢について言うならば、これは耳を傾けざるを得ませんね!

 

最近のインタビューでビル・ゲイツ氏は、少なくとも子供が14歳になるまで、スマートフォンを持たせるべきではないと明言しました。

 

ビルゲイツ 子供

 

子育てとテクノロジーの専門家も、小さいうちから子供がテクノロジーやインターネットにさらされることへのマイナス面が多く見られる研究結果から、一貫して彼の意見に賛同しています。

 

ビルとメリンダの子供のためのテクノロジールール

 

ビルゲイツ 子供

 

  • 夫婦の3人の子供たちも、14歳までは携帯電話を持たせない。
  • デジタルスクリーンの使用時間を制限し、家族での時間を増やす。
  • 食事中の食卓への携帯電話の持ち込みは禁止。
  • 子供が早めに就寝できるように、毎日のスクリーン時間に「終了時間」を設ける。

 

過度のスクリーン時間は、子供の発達を妨げる可能性があります。そこで、使用に関するルールを設けることが重要になります。

 

なぜ過度のスクリーン時間が子供に悪影響を及ぼすのでしょうか。

 

子供に話しかけても、スクリーンに夢中になっていて、返事はおろか見向きもしないなんて時は苛立たしいものですよね。しかし、過度のスクリーン時間が及ぼす悪影響は、こんなものではありません。

 

  • インターネットの危険な闇の部分へのアクセスを可能にし、子供を詐欺や、いじめ、危険なゲームや挑戦などオンラインでの危険にさらします。
  • 幼い子供の脳の発達に影響を与えることがあります。
  • 子供たちを怠惰にするかもしれません。例えば、母親が子供に話し聞かせをする時、子供は、話を理解し、イメージするためにたくさんの認知プロセスを行います。一方、タブレットは、この作業を代わりにやってしまうのです。
  • 社会性の発達や健康に影響を与え、「現実世界の」友達をつくるのが難しくなります。
    依存的習慣を形成し、生涯を通じて悪影響を及ぼす可能性があります。

 

ビルゲイツ 子供

 

ママ、パパ、スクリーン時間が悪いとは言いません。素晴らしいアプリや知育ゲーム、歌、お話など子供の発達に役立つものもたくさんあります。
そこで、ルールを設定すること、他の育児ルールと同様に、きちんと管理をし子供に守らせることが非常に大切です。