長年連れ添うカップルがお互いに似てくる3つの科学的理由

パートナー似てきていると言われたことはありませんか?なぜそうなるのか科学的な説明を紹介します。

 

少なくても数年間一緒にいるパートナーがいるなら、似てきていると指摘されたことがあるはずです。「2人は兄妹」でも通じるかもしれませんが、それは見方によっては嬉しくもあり、少し気持ち悪くもありますね。

 

実はこれには科学的な説明があるのです。

 

1.もともと似ている

 

カップルの顔似てくる

 

学歴や趣味といった社会的なカテゴリーや見た目にかかわらず、私たちは自分に似ている人に魅力が感じるというのはよく知られた事実です。この現象は同類交配と呼ばれ、同じ学歴や経済的能力、人生においての計画や生きがいを理解し合える人に惹かれるのです。

 

もっとシンプルな魅力、すなわち身体的な魅力には科学的根拠があります。コロラド大学の研究によると、人は自分のDNAに類似している「生涯の伴侶」に惹かれるそうです。これは無意識に自分の遺伝子を残そうとしているからです。

 

2.共通の経験が表情に現れる

 

良きにつけ悪しきにつけ新しい人生経験の殆どはパートナーと分かち合っているため、お互いの顔は同じように歳をとっていくのです。心理学者ロバート・ザイアンスの「顔の類似度」研究によると、笑いジワなどの表情ジワは二人とも似たような場所にできるのです。

 

この研究では、対象者と面識のない被験者が、顔の類似性に基づいて対象の男女の写真を組み合わせペアを作りました。すると組み合わせられた写真の2人は結婚25年の夫婦だったのです。

 

3.幸福度と類似度は比例している

 

カップルの顔似てくる

 

ロバート・ザイアンスは意図していなかったかもしれませんが、彼の「フェイシャル・ミラーリング(表情の類似性)」の研究は、無意識にパートナーの声、笑い方、姿勢などをマネをしてしまう「無意識の模倣」という心理学的法則から生じています。

 

いくつかの研究でも、幸せな結婚生活や長い交際をしている人は遺伝子の類似性に関連していることが分かっています。

 

パートナーの癖を吸収してしまうというこの微笑ましいい現象も2人が似てくる理由かもしれません。たとえ無意識であったとしても、パートナーのマネをするとだんだん似てきてしまうのです。

 

パートナーと似てきていると指摘されたことはありませんか?下のコメント欄にてお知らせください。