この食品であなたの子供の脳が鈍感で弱くなる

はい、その通りです。これらは、専門家が子供に過度にあげるのは良くないと言っている食品です。

 

あなたは自分の食べた物でできています。このことわざは、あなたの子供たちも含め皆に言えることでしょう。子供たちにとってより良い栄養を選ぶ時、私たち母親は子供たちが確実に一番良い物を取り入れられるように食品を厳選します。

 

しかしながら、私たちが時々なら全く問題ないと思って見過ごしている食品があります。残念なことに、それらの食品はあなたの子供たちの脳の発達に害を及ぼすだけではなく、学習能力の低下も引き起こすのです。

 

はい、その通りです。これらは、専門家が子供に過度にあげるのは良くないと言っている食品です。

 

1.袋詰めや加工食品

 

ラーメンのような袋入りの食品はたくさんのうまみ調味料が入っています。

 

グルタミン酸ナトリウム(うまみ調味料)が含まれる、袋入りのポテトチップスやスナック菓子、ハンバーガーやピザ、麺類(マギー、カップヌードル、インスタントラーメン)等の袋詰めや加工食品は避けてください。

 

うまみ調味料は香りを高めるために使われますが、頭痛や多動といった気分や行動の変化を引き起こします。

 

2.人口着色料/不純食品

 

砂糖菓子やゼリーには避けるべき着色料や香料が含まれています。

 

多くの国では、これらの化学物質が子供たちに及ぼす悪影響のために人口着色料を禁止しています。人口着色料は、子供たちに起こるADHD(注意欠陥多動障害)、不安症、多動症、頭痛などの重大な行動変化を引き起こす可能性があるのです。

 

人口着色料は多くの甘い食品に使用されているので、多くの親はこれらの行動の変化を砂糖のせいにしてしまいます。人口着色料はパンやヨーグルトのような思わぬ食品にも使用されているのです。

 

3.炭酸飲料/ソーダ/清涼飲料水/カフェイン飲料/紅茶/コーヒー

 

子供の脳を弱くする食品

 

カフェインは本来、チョコレートやコーヒー、アイスティー等に入っていますが、多くの企業がソーダ水や風邪薬に使用しています。例えば、トロントの公立保健機関の「栄養問題」の記事によると、代表的なコーラの缶には36から46ミリグラムのカフェインが含まれています。

 

子供の小さな身体は、いらいらや神経過敏、睡眠不足、多動、頭痛や腹痛というようなカフェインによる影響をより受けやすいのです。

 

4.砂糖を多く含む食品

 

子供の脳を弱くする食品

 

砂糖の過剰摂取は多動症を引き起こします。

 

砂糖は子供を多動にする可能性があります。学校の成績に影響するだけでなく、行動や気分にも影響します。

 

それは、赤ちゃんの脳にさえも有害な影響を及ぼすと研究結果により証明されています。また、グルコースやフルクトースの含有率が高い食品はインシュリンの分泌に影響を及ぼします。これが脳の機能不全、機能低下のもととなり、子供の脳や気分に悪影響を及ぼします。