おしゃぶりは赤ちゃんにとって良いのか?

おしゃぶりを使うかどうか迷っていますか?その判断を下すのに役立つ、おしゃぶりの知っておくべき事実をご紹介します。

 

もしあなたが、赤ちゃんをなだめる時におしゃぶりを与えようかと考えいてる親御さんであれば、判断を下すのに役に立つおしゃぶりに関するいくつかの事実をご紹介します。

 

おしゃぶりは、シンガポールの消費者規格に合わせて、様々なサイズや形で作られ、赤ちゃんの安全の為、害のない素材から作るよう法づけられています。

 

おしゃぶりの利点

 

おしゃぶり

 

1)  吸いたいという赤ちゃんの要求を満たします。赤ちゃんは吸いたいという欲求を持って生まれるので,栄養価のない吸い付きはとても普通のことです。そしてその頻度は赤ちゃんによって異なります.赤ちゃんは、退屈したり、疲れたり、なだめてほしい時に吸い付きます。おしゃぶりはそんな赤ちゃんの欲求を満たしてくれます。

 

2)  寝かしつける。赤ちゃんは、寝につくときに吸い付く気持ちよい感覚が好きです。吸い付きの心地よい刺激が外の世界の混乱にうまく対応する手助けとなります。

 

3)  哺乳瓶で授乳している赤ちゃんの飲みすぎを防ぐ事ができる、吸い付きたい要求がときにお腹が空いていると勘違いされることがあります。既にお腹がいっぱいの赤ちゃんにあげ過ぎている可能性があります。ですから、十分に授乳したのに、まだ吸いたそうにしてる場合は、おしゃぶりをあげてみてください。

 

4)  指しゃぶりよりもおしゃぶりの方がコントロールが簡単です。要求してもおしゃぶりの使用を止めたいときは、ただ単に捨ててしまえばいいです。しかし、指しゃぶりはくせをやめさせるのが難しいです。なぜなら指はいつでも口に入れれるからです。

 

おしゃぶりの問題

 

おしゃぶり

 

1)  成長を抑制する可能性があります。吸い付きの行為はエネルギーを要し、使い過ぎは特にか弱い赤ちゃんにとって体重増加の減少や食欲の減少を招きかねません。

 

2)  耳感染症にかかる高いリスクがある、おしゃぶりは中耳炎の原因になります。長い間、そして続けて吸い付いていると、中耳室内の圧力に変化が起こります。

 

3)  使いすぎは言語の遅れの原因になる。口の中におしゃぶりが入っている状態だと、赤ちゃんは話をするのが難しいです。幼児はおしゃぶりに依存し、一年も使用すると、普通の言語や幼児語の妨げになります。

 

4)  切で長い間の使用は歯の問題を引き起こす。おしゃぶりの使用は、出っ歯や曲がった歯など、様々な歯に関する問題を引き起こします。さらには、口の形まで変えてしまうこともあります。コーンシロップ・はちみつ・グルコースなどに浸したおしゃぶりは虫歯の原因にもなります。

 

おしゃぶりを使用する上でしていいこと、してはいけないことをご紹介します。

 

おしゃぶり

 

1)  沸騰しているお湯に5分ほどつけて消毒すること

 

2)  無くしたり、道路に落としてしまって、必要な時に使うよう予備のおしゃぶりを用意すること

 

3)  ぬるま湯とせっけんで洗っている間に使用する予備を用意すること

 

4)  子供が5歳になるころまでにはおしゃぶりをやめること

 

5)  赤ちゃんに強要しないこと。もし赤ちゃんが嫌がったら、別のなだめる方法を探すこと

 

6)  幼児の月齢に合わせたおしゃぶりを使うこと。やわらかい乳首のついた上下続きのものが良いでしょう

 

7)  窒息の危険があるので、6インチ以上のリボンやひもをおしゃぶりにつけないこと

 

おしゃぶりの使用可否で様々な意見が分かれるでしょう。その光景にうんざりする人もいれば、それについて熱心に語る人もいます。あなたはどちらの意見をお持ちですか?

 

ロシュ・マフタニ

ザ・アジアンメアレンツドットコム,キッドランダードットエスジー,プレグナントドットエスジーを発行するティクルドメディアの創設者です.